芦屋市と西宮市の境にある動物病院の獣医師ブログです。http://www.kazeno-ah.com/


by kazenoah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
卒業後の進路を大学病院に決め、就職活動をしなくていいことになった私は、
あとは3月の獣医師国家試験に受かるようただひたすら勉強するのみ(?)。
無事、ストレートで国試に合格することが出来ました。

・・・あ、その前の12月に卒業論文の提出がありました。
ちなみに私のテーマは犬や猫とは全然関係のない、「牛の第四胃変位における蛋白電気泳動のホニャララ」でしたが、何を研究してたのか、今となっては全く思い出せません。
指導して下さったH助教授(当時)、申し訳ありません(><)



そして新年度4月。

さてさて。
当時の研修医メンバーは、下は新卒の私から上は卒後ウン十年の細菌学を長く研究されてて最近臨床へ転向したえっちゃん先生まで、個性豊かな総勢7名。
出身校も様々で、母校出身者より他の大学の卒業者のほうが多かったのにビックリ。
泣いても笑っても1年間は同じメンバーで、嫌なら自分が辞めるしかないわけですが、
新卒、ペーペーの私はよくも悪くも「おミソ」扱いだったので、
少々的外れでも、かなり生意気なこと言っても周りはわりと適当にあしらってくれました^^;

麻△大学の場合、「研修医」は全科と専科にわかれます。
『全科研修』は大学病院直属の獣医師で全ての診療科に関わる研修医です。
月〜金と毎日大学に出ます。
研修医はほぼ無給で、アルバイトするなら土日だけしか時間がありません。
特に既婚者の先生は生活するのも大変だったと思います。

『専科研修』は特定の診療科目だけを学びに来る研修医です。研究生とも呼んでました。
大学病院直属ではなく、各講座に所属し、教授とともに診療にやって来ます。
当時の麻△大学では
循環器科
腫瘍科(←今でも日本一有名です)
眼科
に専科研修医がいたと記憶しています。

当時は専科、全科併せると総勢20〜30名になりました。
(母校のHPを見ると、なんと今は100名近いようです!!!驚いたー)

日によって構成人数は変わりますが、
このメンバーで日々の診療をこなして行きます。

大学病院の診療はどんな感じかといいますと。

まず、一次病院から「紹介」という形で予約が入ります。
例えば血液内科の診療日なら。。。

○○動物病院/マルチーズ/雌/7歳/貧血
××動物クリニック/土佐犬/雄/3歳/貧血

という感じで事前に情報が入ります。

この情報だけである程度診断を絞り込みます。
で、担当研修医を決めます。

同じ「貧血」という主訴でも、犬種と年齢とで、ある程度予想される診断が絞り込めるので、興味のある疾患を疑って、担当を希望することも出来ます。

この「犬種(動物種)」「年齢」「主訴」などから可能性のある疾患を絞り込んでいく作業を「鑑別診断リストを作る」といいます。
これは病気の診断をして行く上でとても大事な行程なのですが、大学病院にいる間にこの鑑別診断リスト作りについて、かなり訓練されたと思います。
毎日毎週、「よく似た症状なのに異なる疾患」のオンパレードでしたから!
[PR]
# by kazenoah | 2011-11-06 22:21 | Comments(0)

獣医師への道4〜進路〜

6年生になると(獣医学部は6年制です)、授業(座学)はだいぶ減り、実習主体になって行きます。
希望する進路によって実習内容を選択して行きます。
ひたすら臨床系志望だった私は迷わず「動物病院実習」を選択しました。
獣医学部に付属するいわゆる「大学病院」の診療を体験するものです。
一気に何人も押し寄せると診療の邪魔なので、5〜6人ずつ2週間のローテーションで参加しました。

大学病院では臨床系の講座の教授達が診察をします。
その下に「研究生」や「研修医」という立場の、勉強に来ている獣医師が数名つきます。
で、さらにその下に学生実習の、私たちひよこ学生が見学に付きます。

母校の麻○大学では当時、動物看護師は雇っていなかったので、
学生の仕事ってば雑用、掃除、聞き耳をたてる。。。でした。
それでも、刺激的で私は毎日大コーフン。
楽しく実習を終えました。

大学病院てすごい。
臨床って面白い。
大学の診療をもっと見てみたい。
さて、ここで、呑気な私も、ふと、考えます。

一般的に臨床獣医師の場合、人間の医者と違って卒業後はまず街の開業獣医師の下に(イキナリ)就職します。
そこで獣医療のイロハを学び、スキルアップの為に大学病院に戻ってくる、というのが常道です。
(大学病院では伝染病や、予防、外耳炎や皮膚病、下痢、など、基礎的な治療はまずしません)
イロハも知らないうちに高度医療や珍しい疾患ばかり診てもアタマデッカチになるばかりです。
私も大学の診療に興味があるならば、まずは動物病院に就職して、それから大学病院に戻って勉強(ほぼ無給)する手がある。
でも、就職して数年たってから戻ってくる気力が自分にあると思う??

。。。。。。ないな。。。。


私は卒業してすぐに研修医になる、という、少々無謀な進路を選んじゃいました。
[PR]
# by kazenoah | 2011-11-04 20:21 | Comments(0)
ところで、実習ってどんなことをするのか?

病理の実習ではプレパラートを顕微鏡で観察しながら延々色鉛筆で組織図を書いたり
牧場実習では夏休みを利用して牧場で農業体験みたいなことしてみたり
臨床実習では実習用に飼育されている犬の世話と麻酔のかけかたを実体験したり
解剖実習ではどこかの飼育場で病死した牛を解剖して死因をつきとめたり
(ところが私の班の順番のときは死因が法定伝染病と事前に判明し中止になったり←やらずじまい)
まあ、いろいろあった。。。と思います

(昔のことすぎて、あまり詳しくは覚えていません)

そんななか、とてもよく覚えているのが。

当時、我が麻○大学では外科実習の中の『手洗い実習』という伝説の実習がありました。
なぜ「伝説」なのか?
それはあまりに難しくてなかなか合格者が出ないことで有名な実習だからです。

外科学の実習なので、手術器具の名前を覚えたり麻酔の勉強をしたりするのですが
当時の外科学講座の教授の担当するこの『手洗い実習』では
・手術前の手指の消毒
・手術着と手術用手袋を無菌的に装着する
という実習があるのですが、これがメチャ厳しいのです。
触っちゃいけないところ(無菌エリア)をちょっとでも素手で触れたり、
洗う指の順番が違ってたり、
消毒の時に1本だけ指の股を洗いわすれたりすると
すぐ「やりなおし」になります。
合格できないと帰れません。
学生は必死です。
でも、失敗探しをする教授や助手の先生方も大変です。
数人の先生が数十人の手洗い操作をチェックするのですから。
何回も何回も。え。そんな細かいところまで見るの?っていうくらい。

当時は「なんて意地悪な実習」と思ってたものですが
今なら先生方の熱心さありがたさがよくわかります。
どんなプレッシャーの下でも、手術時の手洗いや無菌操作ってものは
手を抜いちゃいけないですからね。
正しい手順で落ち着いてこなさなければイケナイのです。

ところで午後3時頃から始まったこの日の実習、
何故か私、一発合格して早い時間に帰宅を許されたグループなのですが、
きくところによると夜の8時を過ぎても過半数が合格出来ず、
とうとう途中で解散となったそうです。
ちなみに、この手洗い実習の日は、後の予定を入れない、という暗黙の了解があります。
当然ですね〜

あぁ懐かしい^^
今もまだ、この名物実習の伝統は続いているのかな〜
麻○大学生がもし、このブログを見てたら、こっそり教えてください。

         そしてまだまだ続く・・・!
[PR]
# by kazenoah | 2011-09-16 20:56 | Comments(0)
さて、獣医学科の学生生活ってどんなでしょう。

国立と私立でも違うのでしょうけど、当時の麻○大学の場合、最初の2年は「一般教養」。
前期試験は9月にあるので8月の夏休みなんて全然遊ぶ気分になれません。
7月に前期試験が終わる文系大学がめちゃめちゃ羨ましかったです。
後期試験も確か2月中旬だったような。
遊ばせてくれないんです、獣医学科(ウチの大学だけ?)

2年生の後期から少し獣医学科学生らしい科目が始まりました。
2年から3年に進級する時に数人の同級生が学校を辞めました。
「自分は獣医学に向いていない」ということだったようです。
ただただ単純に「獣医になる」と思ってた私には当時なんの迷いもなかったので、
辞めた同級生達がこの段階で自分自身と将来を客観的に判断していたことに
とても驚いたのを覚えています。

3年生、4年生と動物を使った実習が始まります。
レポートも増えます。
熱心な同級生の中にはこの頃から既に講座(または研究室。文系でいう『ゼミ』)に所属するものもいました。
講座は大きくわけて「臨床系」と「基礎系」にわかれます。
臨床系は実際に動物の診療に関わることが多いです。
基礎系はいわゆる「実験」が多いです。

実は私は非常にのんびり屋というかうっかり屋というか。。。
そんな早くに研究室の所属を決める人がいるとは知らずにいました。
4年前期が終わるころに
「まだ研究室に所属してない学生は早く所属先を決めなさい」
という通達を受けて初めて「あ、そうなんだ。。。ヤバいかも」と気づいたくらい。

結局4年の後期が始まって暫くのうちに、基礎系の某講座の研究室に滑り込み。
この講座、どこの研究室にも所属出来なかった学生を救ってくれると密かに有名な講座。
そのせいか、殆どが多留年生(と、変わり者。。。私はこっちか!?)
入室して初めてその存在を知る4つも5つも上の同級生にビックリしました。。。

       またまた続く!
[PR]
# by kazenoah | 2011-09-13 01:54 | Comments(0)
滞りがちなこのブログ。
ちょっと趣をかえて、獣医師になるまでの道のりを簡単に書いていこうと思います。

さて、獣医師になるには大学の獣医学科を卒業しなくてはいけません。
獣医学科を卒業(または卒業見込み)となって初めて、3月初旬にある獣医師国家試験の受験資格が得られます。
ということは、まずは大学の獣医学科に入学しなくてはいけません。

当時(多分今も)獣医学科のある大学は私学が5大学、国公立が11大学の合計16大学。
私学の定員がだいたい120名×5大学=600、
国公立が40名×11大学=440として1000人ちょっと。
受験者総数からするとそれほどでもないかもしれないけど、わりと狭き門?
偏差値から受験校を絞り、最終的に神奈川県の麻○大学に滑り込みセーフ?!?で合格し、
晴れて1990年、私は獣医師への第一歩を踏み出しました。


                  続く。。。!?
[PR]
# by kazenoah | 2011-09-05 11:03 | Comments(0)