「ほっ」と。キャンペーン

芦屋市と西宮市の境にある動物病院の獣医師ブログです。http://www.kazeno-ah.com/


by kazenoah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

獣医のお仕事いろいろ

母校の研修医を2年経験したあと、
続いて私は他大学の皮膚科専門の研修医を1年経験する機会を得る事ができました。
残念なことに、母校の皮膚科は当時専科研修医を募集していなかったのです。
専門科診療は週に1日だったので、他の日は別のところで働いていました。
野良猫の避妊・去勢手術や治療を主に扱っていた動物愛護施設と
某有名デパートのペットショップの専任獣医師と
もうひとつ、某動物プロダクションの動物のための獣医師
この3つをかけもちしていました。

動物愛護施設ではボランティアさんが野良猫(今で言う地域猫)を捕獲してきます。
多い日で20匹近くを流れ作業でどんどん手術していきます。
(手術が終わったら翌日には捕獲された場所にリリースしに行きます)
ここでの経験も今の診療にすごく役にたっていると思います。
医療機器や薬品は必要最低限しかない状態での診療・手術でしたから。

デパートのペットショップは特に話題になるようなことはなかったのですが・・・

動物プロダクションは大型動物が大好きな私には最高の職場でした!
ライオン、虎、ヒョウ、象、サイ、カバ、などなど大型動物が沢山いました。
ちょっとした動物園です。
ライオンは子供のころから人間に飼われていたためかすごく人なつこいのです。
檻に近づきすぎるとジャレて隙間から手を出して来て巻き込まれる事があるので危ないと注意を受けました。
チンパンジーだったかな?類人猿もいましたが、機嫌の悪い時に近づくと糞を投げられる(笑)とのことで、ここにはあまり近づくことはありませんでした。
ニシキヘビの治療もしました。
・・・が専門ではないので、
「前の先生はこの症状の時はこうしてました」
というのをならうので精一杯。
間違って胸腔に薬剤をいれては大変なので、
「ここらへんからお腹かしら?」とあたりをつけて注射をするという荒技。

一番の思い出は虎の手術をしたこと。
巻き爪になりやすく定期的に麻酔をかけて爪を切っていたのですが、
老齢の虎だったので今後も度々麻酔をかけるのはよくないということで、
その爪を指ごと切除することになったのです。
大変だったのは麻酔。
大型動物の麻酔の量がわからず、不本意にも麻酔量が多くなってしまい、
なかなか覚醒せず、本当にドキドキしました。
このときに切除した爪を貰って帰りました。
中国ではラッキーアイテムなのだそうです。
今でも私の宝物です。
我が家のニャンコの手と大きさを比べてみてください。
d0224811_22565273.jpg


余談ですがウチのニャンコ、ソファで爪研ぎをするのでネイルキャップをつけています。
ピンク色のものがキャップです。
爪研ぎでお困りの方はおすすめですよ。
[PR]
Commented by obakappu at 2012-07-21 09:00
ひゃー、すごい大きさですね。
出ている部分だけで3センチを超えますか??
ほすぃーーー。
Commented by kazenoah at 2012-10-05 09:47
>obakappu  さん
根元の幅が2.4cm、弯曲部の長さが内側が約4cm、外側が9cmありました^^v欲しいでしょ^m^。犬達の次に大事な宝物です。
めっちゃコメント返しが遅くなりました(><)
遠くから見て下さってありがとうございます。
by kazenoah | 2012-05-18 22:55 | Comments(2)